\ 新生活SALE /

アップルウォッチ【Apple Watch】の最新OS|心と身体の健康を管理する

watchOS10で心と身体の健康管理

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、ゆうです。

1〜2年でアップデートされるwatchOSですが、いよいよ2023年秋にwatchOS10になります。

今回のアップデートで大きな注目を集めているのが、「メンタルヘルスケア」です。

今回のメンタルヘルスケア管理機能が充実することで、心と身体の健康を守ることができるようになります。

その他のヘルスケア機能も追加されるので、健康に子育てをしたい方にはますます手放せないものになりそうです。

そこで、この記事では、アップルウォッチの最新watchOS10のヘルスケア関連について詳しく説明します。

ゆう

この記事は次のような方におすすめ!
 watchOS10の内容を知りたい
 心と身体の健康管理に関心がある

目次

watchOS10の主なアップデート内容

watchOS10

2023年6月5日、AppleがwatchOS10をプレビューしました。

新しく再設計されたアプリや楽しく新しい文字盤など、新しい体験をユーザー提供してくれます。

ヘルスケアを除いた、主なアップデートは次のとおりです。

  • 新しいデザイン
  • 新しい文字盤
  • 新しいワークアウト

新しいデザイン

watchOS10は、より多くの情報を一目で確認できるようにデザインされたアプリや、コンテンツ操作により素早く知りたい情報にアクセスできる方法が導入されます。

次のアプリのデザインが一新されます。

  • 天気
  • 株価
  • ホーム
  • マップ
  • メッセージ
  • 世界時計

新しい文字盤

watchOS10では、2つの新しく楽しい文字盤が追加されます。

  • パレット
  • スヌーピー

パレットの文字盤は、重なり合う3つの特徴的なレイヤーを用いてさまざまな色で時刻を表現し、時間の変化に合わせて文字盤のデザインも変化します。

スヌーピーの文字盤では、スヌーピーとウッドストックが登場する新しいデザインになっていて、キャラクターが時計の針と遊んだり、ワークアウトに合わせて活発に動いたりします。

新しいワークアウト

前からあるワークアウトの機能が進化したり、新しいワークアウトが導入されたりします。

具体的には、次の3つです。

  • サイクリング
  • ハイキング
サイクリング
Apple Watchを自転車用のBluetoothのセンサーにつなげて時速なども表示できる

サイクリングでは、自動ワークアウトリマインダー、電動自転車のカロリー測定、転倒検出などの機能を搭載してきました。

今回のアップデートでは、サイクリングをwatchOS10で始めると、ライブアクティビティとして自動でiPhoneの画面位表示され、心拍数範囲、高度、レースコース、カスタムワークアウト、新しいサイクリング速度表示がされます。

iPhoneを自転車のハンドルに取り付けて見えるようにしておけば、走行中であっても気軽に確認することができます。

ハイキング
ハイキングトレイル情報もさらに充実

ハイキングでは、アップルウォッチの「コンパス」アプリの進化により、できることが増えました。

登山中で電波が入らないところもルートにある場合には、「モバイル通信に接続できる最後の地点のウェイポイント」を押さえてくれます。

つまり、モバイル通信が可能な最後の場所を記録しておいてくれるため、緊急時にはその地点まで戻って、メッセージの確認や電話の発信をすることができます。

まだ、アメリカだけになりますが、新しい高度計データを用いて、等高線、山の陰影、標高の詳細情報、関心のある地点などが含まれる新しい地形図がAppleマップで表示されるようになります。

ゆう

高さがわかるようになるため、登山道も確認しやすくなるみたいです。

メンタルヘルスケア(心の健康)

メンタルヘルスケア

これまでもヘルスケアアプリには「マインドフルネスがありました。

watchOS10では、マインドフルネスアプリがアップデートされ、自分の感情や気分を簡単に記録できるようになります。

Digital Crownを回して、今の気分を選ぶだけで、それに合わせてマインドフルネス瞑想や自己診断カウンセリングなどが表示されます。

さらに、ヘルスケアアプリから、うつ病や不安障害の検査に簡単にアクセスでき、自分のリスクレベルを確認できるようにもなるようです。

なお、アップルウォッチのマインドフルネスアプリは次の記事で詳しく説明しています。

ヘルスケア(視力の健康)

スマホの使用時間の増加に伴って、近視の子どもが増えています。

国際近視機関は、毎日80〜120分以上は屋外で過ごすことを推奨しています

watchOS10では、環境光センサーを使って、日中どれだけ日光の下で過ごしたかを測定できるようになります。

ゆう

子どもがアップルウォッチをつけていれば、親のiPhoneのヘルスケアアプリで子どもが日光の下にどれだけいたのか確認できます。

watchOS対応機種

watchOS10の対応機種は、次のとおりです。

watchOS10対応機種
  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Series 5
  • Apple Watch SE
  • Apple Watch Series 7
  • Apple Watch Series 8
  • Apple Watch SE(第2世代)
ゆう

少し前までSeries3が格安アップルウォッチとしてAmazonで売られていたので、それが対象外になってしまったのは残念です。

おすすめのアップルウォッチバンド

アップルウォッチは、新しいシリーズほどヘルスケアでできることが増えます

ただ、もともとアップルウォッチはどれも高機能ですので、日々のヘルスケアを管理する上では大きな差はありません。

そこで、コスパを考慮すると、Apple Wath SE(第2世代)が最もおすすめです。

まとめ

今回は、アップルウォッチの最新watchOS10のヘルスケア関連について説明しました。

アップルウォッチのwatchOSを最新にして、心と身体の健康管理をしていきましょう!

2023年秋に正式に発表されたら、改めて紹介していきます。

ご相談やご質問がある場合は、こちらにご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次