スマートライフ

アレクサ【Alexa】を使って自宅にいる子どもと通話する方法!アレクサ搭載「Echo Show5」の紹介!

こんにちは、ゆうです。

急に仕事が遅くなってしまい、子どもが先に自宅に帰ることになったとき、どうにかお子さんと連絡を取りたいですよね?

子どもにスマホを持たせていたり、自宅に固定電話があればよいのですが、どちらもないご家庭も少なくないと思います。

今回の記事では、アレクサを使って自宅にいる子どもを通話をする方法を解説します!

ゆう

この記事は次のような人におすすめ!

  • 自宅にいる子どもとスマホなしで連絡を取りたい
  • 子どもの顔を見ながら通話したい

画面付きでアレクサを搭載している「Echo Show」を自宅に置いて、スマホに「アレクサアプリ」を入れれば、自宅にいる子どもの顔を見ながら通話できるようになります。

自宅に短時間でも一人きりになる子どもにとっても、親の顔を見ることで不安を和らげることができるので、非常におすすめです!

アレクサによる通話とは

Echo Show5の画像

スマホとEcho Showがあれば、簡単にビデオ通話をすることができます。

後で詳しく使い方を説明しますが、親がスマホのアレクサアプリを使って自宅にいる子どもに電話をかけられます。

子どもがEcho Showを操作できれば、親に電話をかけることもできます。

インターネット通信を使うため、データ通信量はかかりますが、通話そのものに料金はかかりません。

アレクサで通話をするために準備するもの

アレクサで通話をするためには、自宅に「Echo Show」とWi-Fi、スマホに「アレクサアプリ」が必要になります。

Echo Showシリーズ、アレクサアプリ、その他の順で説明します。

Echo Showシリーズ

2022年3月現在販売されているEcho Showシリーズは、次の種類があります。

  • Echo Show 5 (エコーショー5) 第2世代
  • Echo Show 8 (エコーショー8) 第2世代
  • Echo Show 10 (エコーショー10) 第3世代

いずれも「スマートスピーカー」ですが、共通するのは「画面付き」という点です。

5→8→10の順番で画面が大きくなり、全体的な性能も良くなるイメージでOKです。

スマホで通話をするだけであれば、Echo Show5で十分です!

ゆう

うちも「Echo Show5」を使っています。

2022年4月には、「Echo Show15」が販売予定です。

画面サイズが15.6インチでフルHDスマートディスプレイとなるため、子どもが親の顔を見るときに大きく鮮明に見えるため安心感が増すます。

アレクサとスマートリモコンを連携させると、家中の家電が操作できるようになるなど、アレクサの活躍できる幅がグッと広がります。次の記事を参考にしてください。

【感動】スマートリモコン「Nature Remo」とアレクサでスマートライフを実現!子どもの世話や家事に追われているとき、リモコンがなかなか見つからなくて、家電の操作に困ったことありませんか?そんなときにスマートリモコンとアレクサを連携しておけば、音声操作で家中の家電を操作できるようになります。この記事ではスマートリモコンとアレクサの連携方法や操作方法を説明します。...

アレクサアプリ

アレクサアプリは、正式には「Amazon Alexa」と言います。

ゆう

「アレクサアプリ」の方が呼びやすいので、そのまま使っていきます。

iphoneでもAndroidでも、どちらのスマホであっても無料でダウンロードすることができます。

App Storeのアレクサアプリのダウンロード
App Storeのアレクサアプリのダウンロード

アレクサアプリでは、Echo Showに関する様々な設定を行うことができます。

この記事では通話について説明していきますが、アレクサアプリで他にも次のような設定をすることができます。

  • 連絡:通話・メッセージ・呼びかけ・アナウンス
  • 音楽再生:Amazon Music Unlimitedなら9000万曲が聞ける
  • スキル操作:拡張機能(スマホのアプリのようなもの)
  • スマートホーム:音声で照明やエアコンの操作

その他

Echo Showシリーズとアレクサアプリの他に絶対に必要なものが二つあります。

それは、自宅でEcho Showをインターネットに繋ぐための「Wi-Fi環境」と、アレクサアプリを入れるための「スマートフォン」です。

ゆう

スマホはiPhoneでもAndroidでもどちらもO Kです。

まとめると、スマホで自宅にあるEcho Showと通話をするために必要なものは、次の4つです。

  • Echo showシリーズ
  • WiFi環境(自宅)
  • スマートフォン(iPhone又はAndroid)
  • アレクサアプリ

アレクサによる通話の設定方法

スマホのアレクサアプリを使って、Echo Showと通話をするための設定方法を説明していきます。

Echo Showとアレクサアプリの順番で説明していきます。

Echo Showの設定方法

Echo Showの設定です。

まずは、子どもがEcho Showの画面を見ながら通話をすることを想定して、置く場所を決めましょう。

Echo Showシリーズは、全てカメラが内蔵されていますが、そのカメラと画面がやや上向きになっています。

あまり高い場所に置いてしまうと、子どもが画面を見ることができなかったり、カメラに子どもの頭しか映らないということが起きてしまいます。

私も色々置き場所を悩みましたが、最終的にはダイニングテーブルの上に置くことにしました。

ダイニングテーブルに置いたEcho Show5
ゆう

子どもがすぐに画面を見ることができることを優先しました!

次に、Echo Show本体の設定方法です。

すでに使用している人であれば、Echo Show本体で設定することは何もありませんので、次のアレクサアプリの設定方法に移ってください。

これからEcho Showを購入・使用する人は設定が必要になります。

設定は次の順番で行っていきますが、画面に分かりやすく表示されるため安心してください。

  1. Echo Showを電源に繋ぐと自動的に起動
  2. 言語を選択で「日本語」を選ぶ
  3. Wi-Fiの接続(Wi-Fiの接続先とパスワードを入力したら「接続」をクリック)
  4. Amazonにサインイン(自分の名前が表示されたら「続行」をクリック)
  5. タイムゾーンの確認
  6. 設置する場所を選択する(実際に置く場所を選ぶとよい)
  7. Echo Showに名前をつける

最後に、チュートリアルを見たら設定は完了です。

複数台Amazon Echoを持っているのであれば、区別をするためにEcho Showに名前をつけておきましょう。

アレクサアプリの設定

アレクサアプリの設定です(アレクサアプリのサイトはこちら)。

スマホのアレクサアプリ(Amazon Alexa)をダウンロードしたら、アプリを起動します。

通話をできるようにするためには、初期設定で電話番号などの登録をする必要があります。

これも、アプリの表示画面に沿って進めていけば難しくはありません。

  1. アプリを起動する
  2. プロフィールと電話番号を設定する
  3. 連絡先をアップロードする
  4. 「デバイスの設定」で「コミュニケーション」を有効にする

アレクサによる通話の方法

アレクサを利用して通話をするための方法を説明します。

①スマホから自宅のEcho Showにかける方法と、②自宅のEcho Showからスマホにかける方法に分けて説明します。

スマホから自宅へ(親から子へ)

スマホから自宅にかける方法です。

まずは、スマホのアレクサアプリを起動します。

フッターにある「連絡」をタップします。

アレクサアプリのホーム画面で「連絡」をタップ
アレクサアプリのホーム画面で「連絡」をタップ

「通話」又は「呼びかけ」をタップしますが、まずは「通話」をタップする方法です。

「通話」をタップ
「通話」をタップする

「通話」をタップすると、連絡先が一覧となって表示されるため、その中から通話をしたいEcho Showを選択します。

通話をしたいデバイス(Echo Show)をタップする
通話をしたいデバイス(Echo Show)をタップする
ゆう

うちは「Echo」という名前ですが、名称を変えることもできます

次に、「呼びかけ」をタップすると、ヘッダーに「ホームデバイスに呼びかけ」という画面が表示されるため、その中から通話をしたいEcho Showを選択します。

どちらの場合でも通話をしたいEcho Showをタップすると、自動的にビデオ通話が開始されます。

ビデオ通話の画面
ビデオ通話の画面
ゆう

Echo Showの画面は最初はぼやけていますが、徐々に鮮明になっていきます。

ビデオ表示や通話がオフになっていることがあるため、必要に応じてオンに切り替えます。

一度アレクサアプリで通話をすると、スマホの通話履歴にも残りますので、通話をするときにアレクサアプリを開かなくてよくなるのは便利なポイントです。

自宅からスマホへ(子から親へ)

自宅のEcho Showからスマホにかける方法です。

大きく2種類あります。

1つ目は、音声操作です。

通話をしたいスマホの名称を決めておけば、「アレクサ、◯○に電話をかけて」というだけで通話を開始することができます。

ただ、子どもの滑舌がよくない場合、誤って他の人にかけてしまう可能性もあるため、注意しましょう

ゆう

かけ間違いが怖いので、音声操作はさせないように約束しています。

2つ目は、画面操作です。

Echo Showのホーム画面の上の方をタップすると、次の画面のように表示が出るため、「通話」をタップします。

「通話」をタップする。
「通話」をタップする。
ゆう

反応は少し時間がかかるので、画面が切り替わるまで少し待ちましょう。

この画面で「通話」をタップします。

「通話」をタップする。
「通話」をタップする。

「通話」をタップすると、これまでアレクサアプリで発信したことのある人の名前だけが表示されるため、通話をしたい人を選んでタップします。

通話をしたい人を選んでタップする。
通話をしたい人を選んでタップする。

すると、アレクサが「○○のアレクサデバイスに発信します」と言い、自動的にビデオ通話が開始されます。

コール中の画面。
コール中の画面。
通話中の画面。
通話中の画面。
ゆう

スマホのインターネットの接続状況が良ければ、ビデオ通話はスムーズに行うことができます。

まとめ

今回は、アレクサを使って自宅にいる子どもと通話をする方法について説明しました。

Echo Showとスマホがあれば、簡単にビデオ通話ができますので、ぜひ試してみてください!

Amazonがセールをしているときが、Echo Showを購入するチャンスです。

ご相談やご質問がある場合は,お気軽にお問合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 PC家電ブログ スマートスピーカーへ
にほんブログ村


スマートホームランキング